家庭教師はどんな仕事?

テストや受験対策

保護者が家庭教師を子供につける理由は、成績アップや志望校への合格が大きなものです。生徒自身が家庭教師を希望した場合も同じような理由ですが、保護者は勉強して欲しいと思っていても生徒自身は勉強が嫌いでしたくないということも少なくありません。

初めに生徒がどの位の学習を求めているか、既に身についているかを判断してから目標に向かってプランニングをしましょう。その生徒の学年によってもメインとする学習方法は違ってくるため、あらゆる要素を取り上げて検討し学習プランを練ることです。

そして、高校や大学などの一般入試を経験したことがあれば、合格に向けて自分が勉強した内容が役立ち、日頃の定期テストのために続けていた学習習慣を生徒に紹介し実践させることも生徒の成績アップにつながるでしょう。例えば一般入試ではなく推薦入試で論文が必要などのように、家庭教師を求める生徒や保護者は全て違います。そこでどのような学習をしたいのかを汲み取り、目標を目指せる内容を作り上げる力も家庭教師の腕と言えます。

それから学習を続ける中で得意分野と苦手分野を把握し、得意を伸ばして苦手を克服する学習内容を検討することも家庭教師の仕事です。目指すレベルに合わせてどちらから始めるかを考えましょう。