家庭教師はどんな仕事?

生徒について知る

家庭教師と言えば生徒の自宅を訪れて勉強の指導をするというイメージがあるでしょう。確かにその通りですが、教える勉強の内容は生徒自身に合ったものになるため、その子だけの学習プランの準備が必要です。

例えば勉強が苦手な子であれば、まずは勉強に興味が持てるよう家庭教師自身とのコミュニケーションを図ることから始めたり、集中できない時に悩みごとの相談に乗ったりするような学習以外のケアも、家庭教師の仕事のひとつと言えます。そして家庭教師を仕事とする場合、その時間はマンツーマンで勉強を見るものの、同時に何人もの生徒を抱えることもあるでしょう。すると、きめ細かい指導を生徒一人ひとりに対して行うためには、綿密なプランニングも必要となり、指導をしていない時に準備に時間をかけることも欠かせないのです。もし給料がつかないことを理由に準備を怠ってしまうと信用に関わることがあるため、効率の良い準備の仕方を考えましょう。

また、家庭教師として長く同じ生徒と関わっていると信頼が築かれ、生徒だけでなく保護者からも生徒に対する相談を受けることもあり、その対応も仕事の内容に含まれます。勉強をただ教えれば良いわけではなく、成長を見守る側面も家庭教師の仕事にはあるでしょう。